中古の振袖

意外にも面白い歴史がある振り袖です。本来は祭の場面で踊り子が着る着物が振り袖だったのです。その踊りの場面で感情を誇張して表現するべく、袖の部分が長めに用意されています。その袖の部分を振り動かして踊り手の感情を表しました。袖の部分を振って愛情表現を行なった行為そのものが、恋愛の振る・振られると言う言葉に発展したとされています。
小物や草履の柄をコーディネートすると、もはや振り袖の表現は無限のバリエーションを持ちます。金色の髪型に似合うようなショッキングピンクの振り袖や、黒い髪の毛にマッチする紫の振り袖など、色だけでもそれこそ選択肢は豊富です。可能な限りたくさん試して、いろいろと試してみないと決めかねてしまいます。

いろいろ考えはあるでしょうが大事な日には振り袖の着付けを美容院などにお願いする方がいいです。1日中着用していても着崩れが起こらないですし、息苦しくもなりません。素人が手習いでやってしまうと着崩れが生じる可能性があります。人生の大事な日に着崩れなどが生じてはいけないので、しっかりとプロに着付の依頼をしてください。
披露宴などで振袖を着るのは未婚の人だけとなります。振袖を着ていいのは若い女性ということではなくて結婚していない女性と決められています。女の人であればほとんどの人が知っていると思われますが、男の人で若い人だと知らないという方も存在していると思うので、披露宴などに参加した場合には女性の衣装に注意を払ってみて下さい。
年齢制限があるのが振袖となります。言うまでもなく振袖も着物なのですが、基本的に振袖は家庭を持っている女性が着るものではなく、結婚していなくても高齢者の方が振袖を身に付けていると可笑しいので、振袖は次々と若い人に手渡されていくようになっているのです。母親が我が子にあげるシーンはちょくちょく見られることなのです。

肩をさらけ出して振袖を着る花魁のような着付けをする若者が出現して世間を騒がせているのですが、帯を前にして着物を着る姿をはじめて見る人達はかなり強い衝撃を受けてしまうと思います。高齢者にはまず考えられないファッションだと思われますが、若い女性の一部においてはスタイリッシュだと考えられているみたいです。
袖の生地が長く作られた和装を振り袖と呼びます。ざっくりとした解説になってしまいますが、一番目立つポイントは当然袖の長さに現れます。普通の着物にある袖の布が、四角く足元の方向へ伸びているのです。その長大な袖を振るように歩行するので、振り袖と言います。現代は結婚前の女性たちが成人式の当日に着用する着物となっているのです。
最近のポリエステルはほとんどシルクと見た目の雰囲気がほとんど変わりありません。その結果振り袖にポリエステル素材が盛んに使われるようになりました。レンタルでも買取でもかなり値段が安くなります。無理なく済ませたい人ならば、ポリエステル素材の振り袖を選ぶといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>