振袖にも対応してくれるクリーニング店

レンタルショップで振袖をオーダーする方も一杯いると予想されますが、最近では自分の体格に合わせて仕上げるということもできるようになっているのです。まだ誰で着用していない新品の振袖も借りることができるところもあり、スタンダードな古典的な柄のものや今流行の現代柄の両方から選べる業者もたくさん存在しているのです。
たとえそこそこ歳を取っていても振袖がしっくりくる人でも、身に付けているとまだ結婚していないと発表していると同じになるので、できれば振袖を身に付けるのは30代前までとした方がいいと考えられます。ウエディングパーティーとかに着て出掛けたいという心情は理解できますが、他の人の視線が気になるという方は控えた方がいいでしょう。

モダン風の振袖が急増している中においても、絞りの振袖は全部の世代の女性に好かれる品物となります。高齢の親なら自分の子供が成人式においてモダン風の振袖を着用するということよりは、古典柄の絞りの振袖を着てもらう方が嬉しい人が多く、それを買ってあげたいと思うのです。ないでしょうか?
最近では洋装の雰囲気を上手く取り入れた振り袖のスタイルが人気です。振り袖にレザーのグローブを合わせてみたり、振り袖に小さいシルクハットをかぶせたりなど、多種多様な小道具が取り入れられています。レンタル品ならば思い切り流行を取り入れて楽しんでしまってもいいです。
着た後は湿気などを取り去るためにハンガーを利用して半日程度掛けておくようにして下さい。振袖は大切に保存してあげることによって長期間着られるので、しっかりと保管方法を勉強して、長い期間利用するようにして下さい。着物は保存の仕方が良いと永遠に着ることができるものであるので、大事に扱うようにして下さい。

いろいろと染色方法が振り袖にはあるとご存じでしょうか?友禅という技法や絞りという技法、辻ヶ花という技法などそれぞれ特徴がある染のスタイルがあります。しかも友禅1つとっても京の友禅と加賀の友禅などさらに細やかに枝分かれしているのです。見た目がだいぶ違ってくるので、選ぶ場合は専門店の人によく相談をしましょう。
成人式や結婚式で振り袖を着用したら、専門のクリーニングに出した方がいいです。その時は、和装専門のクリーニングショップにするか、もしくは振り袖を買った呉服屋に手入れをお願いするといいです。呉服屋のクリーニングは高額ですが、安心面では群を抜いているのでお勧めです。
言葉だけで振り袖の畳み方手順を完全に解説するなど不可能に近いのですが、現在は振り袖の畳み方の手順を説明した無料動画が、ネット上にいろいろ出回っています。その手の動画をチェックして実践すれば、家でも1人で畳んでしまえます。何回か繰り返せば覚えられるので、畳み方くらいは自分1人でできるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>