可愛らしい今風の振袖が近頃では販売されていて、成人式の中でそれを身に付けたい女の子も多いと思いますが、わざわざ現代風の振袖を新しく買わなくても母親からもらったものを改良して可愛く変える手段もあるということを覚えておくといいでしょう。今では手直ししてくれる業者はたくさんあるのです。
初めて振り袖を着用する女性は振り袖の下に何を着るのか全く知らない人が多いです。普通はブラジャーもキャミソールもどれも駄目です。肌襦袢と呼ばれるインナーの一種をお肌の上から着て、その上にいろいろな着物を重ね合わせていくのです。パンティー以外は他の部分は裸が普通です。

お手持ちの振り袖にどのような草履を持ってくるかでそうとう印象が変わりますが、なんであれ草履選びの最大のポイントは履き心地になります。どれだけきれいでも履き心地が悪いととてもつらくなってきます。歩きにくいと姿勢や顔の表情にも出るので、履きやすさを第一に考慮して選びましょう。
古典柄の振袖を着用するか今風のものを着るか迷っている人もたくさんいると推測されますが、それぞれの趣向といずれが似合うかを十分に考えて選ぶようにしましょう。そうするには他の人の考えも聞くようにして、それを踏まえて判断するということが最も良いことで、自分だけで決めてしまうと後で悔やむことになる可能性は高いでしょう。
一般的に振り袖にバッグを持ってくる女の人が多いですが、最近では振り袖に巾着でも問題の無い雰囲気になってきたようです。巾着は浴衣などに似合う道具ですが、振り袖にも大丈夫です。とは言え、卒業式や結婚式などフォーマルさが要求されるシーンでは、巾着よりも和装用のバッグが無難です。

あらかじめ自分自身がどのような振り袖を着たいのか、振り袖のカタログ集を取り寄せてざっと眺めてみると話が早くなります。次第に自分自身の気に入る振り袖が見えてきます。その段階で直接専門店に出向いて似ているデザインの振り袖を着用してみるといいです。プロの助言も参考になります。
西洋風のファッションスタイルを振り袖に取り入れたアレンジが最近では人気です。完全な和装の振り袖にレザーの手袋を合わせたり、フェイクのハットとスティックを振り袖に合わせたり、いろいろとあります。ヘアスタイルにもいろいろな装飾が施されているのです。
女の人の表情がいろいろあるようにその女子にぴったりと似合う振袖もいろいろです。身長、顔の肉付き、肌の色、髪の毛、髪の毛の色などと振り袖はいろいろなポイントに影響を受ける和装です。正直素人には手に負えぬ問題です。プロのスタッフと時間を掛けて相談しながら決めていくしかやり方はないです。いずれにせよその道のプロの判断を仰ぐしかないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>